「高慢~」⑤  自分を数倍魅力的に見せ、かつ、相手の力を無力化する

前回、どんな逆風でも100点のことが言える男は、自分のスペックを演出するだけにとどまらず、実際の何倍も自分を魅力的に見せてしまうってことを書きました。

動画で紹介したとおり、ひどいむちゃぶりにも堂々たる態度をとり、スパーンと切り替えしできれば、凡庸ななりをした男でもすげーかっこよく見えます。ちょっとしたひと言で知性や才能のきらめきを見せつけ、低スぺ男子でもその瞬間だけ、スト高のごとく見える、というやつです。

スペック30点の男でも、スペック90点の男と張れるって現象が起こるのですね。

これって十分にすごいスキルです。しかし、です。実はトーク力・態度のスキルはそれだけではもったいないのです。
「相手を無力化する」技術として同時に合わせ技で使うことで、もっとえげつない効果が得られるからです。

動画で、ダンディたちはお互いを貶めあっていました。逆風状態でうまい切り返しができれば逆に自分の見せ場としてしまえるのですが、しかし当然ながら、できなければ貶められてしまいます。ピンチに焦って態度が崩れ、しどろもどろになってしまえば、その人の魅力が半減してしまいます。

なので、もし自分がうまいこと言った後に、相手をヒヨらせることができれば、

・スペック30点の男→うまいこと言うことで一瞬90点に見せる

・スペック90点の男→むちゃブリにヒヨって魅力が半減し、45点以下の男になってしまう

という状況を同時に作り出せてしまうのですw

こうなると、30点男VS90点男の力関係が、その瞬間だけ逆転し、90点男VS45点以下男となり、低スぺ男子がハイスぺ男子に圧勝する、って現象を起こすことができる。

スポーツでもそうですが、状況に飲まれてヒヨると本来の実力の何割かしか出せなくなります。コミュニケーションの世界では、やり手はその状況を意図的に作り出そうとするわけですね。

 

たとえばナンパシーンでは、外見90点以上のスト高キツめギャルに対し、スト低ナンパ師が果敢に挑んでいき、スペック差にヒヨらず堂々たる態度をとってトークで魅せたとします。

スト低ナンパ師は一瞬だけ、90点キツめギャルと肩を並べているのですが、しかしここで終わってしまえば「肩を並べ、互角になっただけ」で終了です。普段が90点の相手に、その場だけ90点に見せている男が勝負しても、勝てる見込みは微妙です。きっとそのうちぼろを出して崩れていくことでしょう。

さらに腕を磨いて「100点に見せれるようになろう!」という姿勢ももちろん重要でしょうが、すご腕ナンパ師やNLPの使い手であれば、ここで「相手をヒヨらせ、力を半減させる」トークを仕掛けるってことをやりますよね。

ドラクエで言うと、自分にはバイキルトをかけ、相手にはルカニをかけるって感じでしょうか。

いわゆるネグってやつはその種の技ですが、NLPには混乱法だの驚愕法だの、そうした技はたくさんあります。

で、トーク・態度の技術を駆使し、自分を最大限演出しつつ、同時に相手の力を半減させることで

90点女VS30点男 → 45点女VS90点男

って感じに、その瞬間だけしてしまえるのです。こうなれば力関係が逆転し、確実に勝ててしまえるってわけです!

トーク力・態度を磨いて、このようなコミュニケーションをひょいひょい仕掛けられるようになると、普通のコミュニケーションでは起こりえない、魔術・悪魔的なことを引き起こせてしまえます。絶対食いつきようがないスペック差の相手が死ぬほど食いついたり、周りの人間が勝手にサポーターと化していったり、なんてことが起こるわけですね。これは「バイキルトでぎりぎり張れても勝てない相手に、同時にルカニもかけることで圧勝できる」からこそ起こせることなので、バイキルトだけで戦うのはもったいない話だし、バイキルトとルカニをかけてくる相手と勝負すると負けは必至でしょう。だから、トーク力・態度を磨くだけでは片落ちなのですね。
これって一見、魔法じみていますけど、NLPではそこらへん、しっかり理論化されてますw(恐ろしい話です・・・) で、それこそ平民出の低スぺ男子が、王族級のセレブを相手にして手玉に取るなんて実例は、歴史上いくらでもあるわけです。

 

 

というわけで前回からつらつら書いてきましたが、やっと本に戻ります。まさにエリザベスのトーク技術はこのレベルまで達していて、ダーシーと対等に並ぶにはとどまりません。相手をヒヨらせながらトークで魅せることで、余裕で相手の上を行き、圧倒して手玉に取るってことを何度もやらかすのです。そんなシーンを紹介していきます。

 

このシーンの直前、ダーシーが調子こいたことを言います。

ダーシーに媚びているもう一人の女は、

女「そんなことを言う人を、どうやって罰しましょうか?」

などと言います。
なんかちょっとした生意気を言いつつ一生懸命「対等に立とう」としてる風なのがバレバレですねw

が、さすがのエリザベスはそんな生ぬるいやり方をしません。もっと「がっつり上から行く」わけですが、そのやり方が死ぬほど巧妙です。

エリ「そんなのバカにしたりましょう」

女 「だめ、ダーシーさんはバカにされることに慣れてないから」 ← 「わたし、ダーシーさんのことわかってるのよ」的な媚びを感じますw

エリ「プライドが高い系だから? それって、長所?それとも欠点?」

と言いながら、小バカにしたような顔に微笑みを混ぜつつ冗談めかして詰め寄ります。いやはや、このすご腕ナンパ師級のやり口にはオレは舌を巻きますよね・・。鳥肌が立ちます、マジで。

エリザベスはダーシーを「プライド高い系の、ギスギスしたコミュ障男子」と、完全に見透かした上で、「わたしは余裕でおめーの正体を見抜いているけど?弱点もわかっちゃうけど?」的なニュアンスを出しつつ、ふざけておちょくってる感じを混ぜることで、ダーシーのコンプレックスを、直で刺激はしないけど間接的に、軽く表面をなでるようにイジっているわけです。

ここでむっちゃ重要なのは、ダーシーのプライドの高さを逆に利用し、バインド(=拘束。ダブルバインドが有名ですが、ここはシンプルバインドです)を仕掛けているってことで、つまり、

・「プライドが高いのは欠点である」と指摘

・女に挑発的に上から指摘されてダーシーはムッとくるのですが、それを表に表せば「自分にはプライドが高いという欠点がある」と認めたことになる

というわけで、「うっ」ってなり、動けなくなるわけです。

たとえば、気の強そうなギャルに「もしかして気が強い系? 気が強いやつってさ、人から何か指摘されると腹立てるよね」みたいに言うと、そいつは気が強いと指摘されて腹が立っても、「ここで腹を立てると、指摘されたことをそのままやることになる」、というバインド=拘束がかかっているため、どうしたらいいかわからなくなり混乱、一時的に主導権を失ったりするのです。で、混乱している間、ギャルは思考停止状態に陥り、その間こちらが有利な状況となるわけですね。

そういう、まさにNLP催眠の技術を、エリザベスは余裕で使いこなしているのです。

で、ダーシーは急にシリアスな顔をして硬い態度をとり、場にそぐわない厳しい発言をします。要はエリザベスのいきなりのイジりトークに虚を突かれてヒヨり、混乱して、態度がブレてしまい、よくわからないモラルっぽい発言をして自分の動揺をごまかしているのですが。。

動揺したことを一生懸命隠そうとしているのがバレバレですねw

ダーシーがブレたのをしっかり見て取ったエリザベスは、さらなる余裕を見せつけながら、

エリ「ふーん、それは残念。バカにしたかったなあ」

と畳みかけますw

その時のダーシーの顔が見ものですねw 「自分のプライドを傷つけらことを言われるのではないか?」とビクビクした中2みたいな顔をしておりますw まるで女子の否定的な反応を恐れる初心者ナンパ師のごとくw

というわけで、スペックの点では

エリザベス30点  ダーシー100点

くらいの実力差があったはずなのに、

エリザベス100点 ダーシー30点

って感じくらいに、完全に力関係の逆転を起こしてしまっています。これはすべてエリザベスの実力=トーク力と態度で、意図的に作り出した状況である、ってところがポイントですね。

いやはや恐ろしいです。むっちゃ感心してしまいますね・・。

 

ただここで、もう1人の女が「血筋ね」という嫌味で横槍を入れてきます。エリザベスの言動が身分の低い下品なものであるという指摘・当てこすりで突いてきてるわけですが、身分の低さについて言われるとどうしようもないエリザベスには弁慶の泣き所であり、さすがにはにかみ気味に苦笑し、「それを言われては・・・」という顔をするばかりで、何も言い返すことができません。さすがのエリザベスもブレているわけですが、そのブレも最小限にとどまっているし、差別発言しかできず、その後わかりやすく「してやったり」みたいな顔している女のしょぼさが際立つことになるので、エリザベスに恥をかかせようとしたこの女の印象も同時に下がることとなりますね。

結局、このライバルの女は身分とスペック、小賢しさはあっても、むしろウザいくらいでたかが知れており、この程度の相手ならエリザベスは不利があっても楽に勝ててしまうのです。

 

それにしても改めて、ダーシーの残念さといったらありません・・。原作ではもう少しダーシーは言い返していて、映画版ほどみじめではないのですが・・・。
結局、生まれに恵まれたというだけの、偽ダンディーなのです。

エリザベスはこのやり取りでダーシーに「この女、ただものではないぞ!」っていう、強烈な印象を残すことに成功しています。
一見、すげー地味な普通の会話をしているようですが、水面下では実はガツンとくることをやらかしている。NLPの恐ろしいところは、相手に気づかせないで主導権を完全に奪いさるってところですが、この「普通の会話をしている」風の地味さがまさにポイントなわけですね! マジ見習いたいところです!

 

 

*** 追記  2017年7月24日
以上、『高慢と偏見』について5回に渡っての記事を書いたのですが、ここまでで未完となっています。書いているうちにどんどん書きたいことが出てきて、「このまま行くと余裕で本一冊分になってしまうし、なんなら本にしてしまおうかな?」と思ってるうちに、気がつけば2年半の月日が経ってしまいました。今読み返しても、当時書きたかったことの3分の1程度しか書けていないので、ぜひとも続きを書きたいのですが、いかんせん、現在執筆中の2冊目も全然進んでない状況で、3冊目4冊目の執筆プランもほぼ決まってしまっているので、この続きに取り掛かれるのはずいぶん先のこととなりそうです・・・泣

 

*** 追記2 2017年8月10日
前回の記事に加筆したアンバー・ハードとイーロン・マスクですが破局となったそうですね。

アンバー・ハードと大富豪イーロン・マスクが破局

640

この記事によれば、イーロンの方がフッたそうですw さすがにイーロンはクソビッチについて学習済みで、アンバーがマウンティングや振り回しを仕掛けて「教育」してこようとしても、「付き合ってらんねー」ってなったのかもしれません。アンバーは目論見を外したってことでしょう。一挙に勝負かけすぎたのかも?
なんにせよ、イーロンが振り回される結果にならなくてすんでオレは勝手にほっとしています・・。
こういうクソビッチを相手にすると「オレもいっぱしのナンパ師だ!逆にマウント取って、返り討ちにしてやるぜ!」などと、うがったことを考えがちですが、基本、やめておいた方がいいですね。クソ野郎同士が泥仕合をすると、両者疲弊し、潰れること必須です。世界大戦で潰し合い、世界の覇権を失ったヨーロッパの如く、lose-lose関係となるでしょう。仮に一時的に支配を確立できたとしても、ちょっとした隙にゲリラ戦を仕掛けられたら膨大な損失を出します。クソビッチを相手にしたら、そいつのやり口から学習させてもらうだけにとどめておいて、「モノにしてやろう!」「じゃじゃ馬馴らしを仕掛けて、服従させてやろう!」などと考えず、さっさと撤退するか、思いっきり距離を取って月1回しか会わないなど接点を最低限にするべきだと思います。同棲なんてもってのほかです。

しかし、アンバーほどのクソ女相手に自分から近づいておいて、ちょっと付き合って、さっさと別れるなんてことをイーロンはやってのけたわけで、どっちかと言えばイーロンの方が手玉に取ったという結果になったのかもしれません。才能のある男が圧倒的な財力を追い風にしつつ多少の経験を詰めば、アンバー程度のクソビッチに呑まれるってことはないのかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)