男磨き道場を新設!

2月中旬から新設する男磨き道場について詳細を書きます!

【男磨き道場 第ゼロ期】 
◇期間 2017年2月中旬より3ヵ月  → 3月下旬~4月中旬より3ヶ月

◇募集人数 5~10名

◇頻度  1回4時間  毎週日曜10時~14時 室内トレーニングのみ 全12回 48時間
*路上ナンパ講習は行いません。ゆくゆくオプションでつけることはできるようにします

◇活動場所  新宿、渋谷近辺のスタジオ

◇費用  15万円

 

【体験トレーニングの開催】
◇日時  1月29日日曜 10時~13時半  3時間半
◇場所  渋谷近辺スタジオ
◇費用  1万円
◇申し込みは↓↓↓のリンクより

【男磨き道場 1月29日 体験トレーニング】

 

【道場設立に至ったいきさつ】

ナンパをやってみると、
「ナンパでコミュニケーションの鍛錬をするとえげつないんじゃない?」
「自己啓発や営業の本に書いてあるような心理技術も、ナンパで練習を積んだら習得が鬼クソ早いんだけど?」
などということに、誰もが気がつくと思います。
オレはこの「ナンパが人間力・男磨きの絶好の機会」であることをフルに活かし、すご腕クラスの高度なナンパ技術とNLP技術の両方を習得するためのツールと捉えてきました。
なので、これまでのナンパ人生で
「すご腕の技術を、どうやったら(オレのような)一般男性にも学習可能な形にできるか?」
という課題に、ずーっと取り組んできたことになります。スパルタ部をはじめたのも、その研究のためでした(そのいきさつについてはスパルタ部のサイト【スパルタ部発足までの道のり】で詳しく書きました)。当初は恐ろしく苦労しましたが、なんとか第3期ころにナンパとNLPの習得を6ヵ月に圧縮することに成功したのでした。
「これってめちゃくちゃ革新的」と、マジ自負しております。我ながらよくメニュー化できたものだと。なにせ、いっぱしのナンパ師になるだけでも普通は1年以上かかりますからね。NLPなんて習得に5~10年かかると言われてます。それを基礎力徹底強化と「型の修練」に特化したトレーニングメニューを組むことで、高度なNLPナンパの流れを、一般男性でも6ヵ月で学習可能な形に落とし込めたのですから。

 

我ながら達成感を感じています。
はい。

 

で、次に発生した課題は「これをさらに一般化できないか?」ってことです。

「ナンパをやってみよう」と考えるに至るのはごく一部の男子で、特殊な層です。まあ特殊な男子でも大人数になれば一般性が出てきますが、しかしナンパ塾は、たった10人でも街に繰り出すには大人数となってしまい、どうしても少人数制をとらざるをえません。せっかく革新的かつ究極のコミュニケーション鍛錬法を開発しても、それを特殊な男子小人数にしか伝授できない、というのはもったいない限りです。なにより、さらなる技術革新が起こりづらくなります。野球やサッカーのような世界的メジャースポーツになれば技術は飛躍的に向上しますが、マイナースポーツだと野球数年分の技術向上にも何十年とかかってしまうでしょう。

スパルタ部がモデルの一つとしている幕末の私塾は少人数制のイメージがありますが、実は結構な大人数でした。山口県の村で八畳一間が教室であった松下村塾には50~70人の生徒が在籍し、吉田松陰の頃は最高で90人以上いたそうです。大村益次郎や福沢諭吉を輩出した適塾は400人が在籍し、25年で3000人の卒業生を出してます。 松下村塾も適塾も座学がメインですが、それでも多くの人材を輩出したのは幕末維新という特殊な時代で、インプットだけでなく大いにアウトプットする機会に恵まれたせいではないかとも思われます。しかしそれでも両塾合わせて常時500人近い生徒がいたわけで、それって幕末の日本の人口が3千万程度だったことを考えるとかなりの規模です。今の人口に単純換算すると、2000人の規模ってことになります。

 

仮にナンパ塾にも2000人とはいわずとも、数百人の生徒が在籍していたら、そりゃあスタープレイヤーはばんばん生まれ、技術が鬼のごとく底上げされていくに違いありませんよね。

 

今後、日本のナンパ技術がさらに飛躍、世界史クラスになれるかどうかは、そこが課題であり、難しいところです。

ヤバい人材が多く育つ条件として
①インプットとアウトプットの質と量、バランスに恵まれていること
②ある程度の生徒数の層の厚みが必要
ということになるでしょう。

①についてはスパルタ部では鬼のごとく研究しており、やはりコミュニケーションや人間力を磨くのにナンパ以上に効率の良い活動はないと確信していますが、しかしもし仮にナンパがメジャースポーツとなれば、もっとずっと研究が進むはずです。
②については、生徒数が多いといろんなタイプの生徒がいて、いいところを盗み合うことができる、などのメリットはたくさんありますが、なにより生徒数が多いとコーチ陣の厚みも出てくるなど、メジャー化による底上げが大きなメリットでしょう。

 

というわけで、ナンパがメジャー化すればもっとヤバい、というのはわかりきっているのですが、しかし、どうやってそれをやるか、なのですよね。ナンパを大人数でやるのは無理。もしナンパ師が100人とか一度に街にあふれれば一瞬でカオスとなり、迷惑防止条例を刺激しまくり、「ナンパ禁止」になってしまえば本末転倒です。

それで、ひとまず考えたのがスパルタ部でやっている活動の一部を道場化する、ってことです。剣道みたくするのですね。

スパルタ部の6ヵ月全32回トレーニングのうち、8回は室内トレーニングです。基本的には路上で実際に声をかけることで一番腕は上がるのですが、たとえば室内で女優さん相手に皆の前で模擬ナンパするとか、普通にナンパするよりも負荷がかかる室内メニューがたくさんあります。なのでナンパ塾であるにもかかわらず、4回に1回の頻度で室内トレを設けているのですね。その方が成長スピードが早いのです。

4回に1回という頻度は、ぎりぎり抑えた回数で、多くやる分にはこしたことありません。室内練習オンリーでも、技術・人間力はどんどん伸ばすことができます。室内でひたすら基礎力をつけておいて、路上でのナンパ実践を最小限にした方が伸びるって人もたぶん多いはずです。
たとえば
「イケメンだけどメンタルが極端に弱い」
「コミュニケーション力はある方だが、女子を前にすると無難な振舞いしかできない」
「しゃべりには自信があるが、カッコつけるのが苦手」
「モテなくはないが過去にトラウマがあって攻めの姿勢を取れない」
などのコミュニケーション・恋愛力の偏りが強い人は結構多く、そういう人はいきなりナンパをはじめるより、ひとまず室内で徹底的に鍛えておいてゆるぎない地盤を作っておいてから、ナンパをはじめた方が着実に伸びるであろうことは予想がつくのです。
というか、そういう人たちが何の準備もなく我流でナンパをはじめると、伸びないどころか、むしろすぐ挫折するでしょう。
せっかくポテンシャルを持っていたとしても、いきなりナンパするにはハードルが高すぎて潰れてしまうタイプ。おそらく、このタイプの男子の層の方が、世の中には圧倒的に多いかもしれない。一般男性の大多数はむしろこの層ではないかと思えます。オレ自身、本当は明らかにその層でしたからね。人生がけっぷちだったし、無理くりナンパしつづけましたが、何度挫折しそうになったことか。。

というわけで、「ナンパを極めたい」「ナンパで人生を変えるんだ!」「徹底的に突っ走りたい!」という方はスパルタ部に入ってくれるといいのですが、
「ナンパには興味があるが、自分はやれるだろうか?」
「恋愛・コミュニケーション力は地力つけたいが、ナンパでそれを磨くという極端なことはやれそうにない・・」
「人間力はつけたいが、急いでつけなくても、じわじわ着実に鍛えていきたい」
「ナンパはせずに、ナンパの技だけ習得して、パーティ・合コンなど一般的な出会いのシーンで使いたい」
という方、
もしくは
「ナンパはある程度やれるが飲み悩んでいるので、NLPやスパルタ部のメソッドを取り入れたい」
「他のナンパ師の技を盗みたい」
「女優さんにぼこぼこにされて鍛えられたい」
などという方向けに、筋トレするためのジムみたいなニュアンスで通える【男磨き道場】を、ひとまずは実験的にやってみるに至った、というわけです。最初は5~10人くらいからはじめて、ゆくゆくは50人とか100人とかで皆でお互いの技を盗み合いながら、さらに高め合う、なんてことになれたら、間違いなくヤバいことになるはずです。適塾や松下村塾、千葉道場なんかのスケールも超えていけるかもしれません。あと、ひとまず道場で力をつけておいて、ある程度になってからナンパにトライしてみる、というのもオプションでつけるなり、後からスパルタ部に編入、もしくは部分的に参加できるような制度もゆくゆくは作っていきたいと思ってます。

はい、というわけですが、興味のある方はぜひ体験トレーニングへどうぞ!

その他質問はこちらのアドレスへ!

spartabu999@gmail.com

 

男磨き道場を新設!” への4件のコメント

  1. すみません、「男磨き道場」とは直接関係のないことですが、
    零時レイさんの御本「究極の男磨き道 ナンパ」を拝読したので、
    その感想をお伝えします。

    超面白いです!!
    自分のダメさもまったく包み隠さずあからさまに書いてあって
    しかも、その時々の自己分析が恐ろしく的確なこと、
    文章がくだけた口調ながら本当に良くやすく分かりやすいことに敬服しました。

    零時さんは本当に頭のよい方ですね。
    書かれている「オレの学んだもの」の内容に関しても、
    私のようなもてない男には、男女の関係についての本質的な学びがありました。

    例えば、「女は最初から下手に出るような男に魅力を感じない」といったことです。
    数あるナンパ本の中でも数少ない本当に読むべき本と思いました。
    ありがとうございます!!!

    • ありがとうございます、励みになります。今後5~10冊は出していくのでまたよろしくお願いします。

  2. 究極の男前磨きを何度も読み返しています。
    40代ですがなんとかSクラスを強奪し現世の快楽をもぎ取りたいと日々精進さております。

    さて、貴ブログを再度読み返して見たいのですがブロックを解除していただくにはどうすればよろしいでしょうか?

    お手数ですが記載したメールアドレスに連絡いただければ幸いです。

    • ありがとうございます。
      ブログは再編集していつか何かの形に発表予定で、それまではブロックを解除しない方針です(問題になる記事も多いので)。すみませんが、お待ちください。

伊集院 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)